善玉菌が増える乳酸菌効果

私たちの体内にはたくさんの菌類が暮らしています。
この菌類が体に必要な分解などを行ってくれるのですが、良い菌ばかりとは限らないのです。
悪玉菌という菌も日和見菌という菌も存在しています。
こうしたたくさんの菌がバランスよく存在していることが、腸内環境がいい状態であると言えます。

善玉菌は、腸内環境を良くするというほかに、免疫活性化、感染予防できる体を作る、消化吸収、更にはホルモンやビタミン類の産生、腸の蠕動運動にも深く関係している菌です。
悪玉菌は、腸内で有害物質を作り腸壁にくっつき長い期間をかけて腸壁にも影響を与えていきます。
長く悪玉菌が優位なとなると発がん物質も作り出してしまう菌です。

日和見菌は普段何もしていません。
まさしく日和見しています。
でも腸内で悪玉菌が増加し、善玉菌よりも優位な状態に立つと、とたんに悪玉菌同様の働きをするようになるという、結構厄介な存在です。
善玉菌が常に優位な状態にある事が、腸内環境を良くしておく秘訣となるのです。

ただ悪玉菌が腸内からいなくなればいいという事はありません。
悪玉と呼ばれていますが、本当の悪ではないのです。
菌類で本当の悪というと、コレラ菌、病原性大腸菌、サルモネラ菌などの重篤な症状を引き起こす事もある菌類です。
これらの菌類が腸内に入ってきたとき、攻撃してくれるのが実は悪玉菌なんです。
また腸内に悪玉菌が適度にいることで、善玉菌は悪玉菌と戦うことで効果を発揮していく菌ですから、悪玉菌が全くいなくなるという事もよくないことなのです。
悪玉菌と善玉菌のバランスが取れていることが、腸内をより健康にするためのポイントなのです。

乳酸菌を摂取すると腸内にいる善玉菌を活性化してくれます。
乳酸菌によって強化された善玉菌は死滅した乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを利用して増加していきます。
乳酸菌を継続的に摂取することで、善玉菌をより強く、更に増加させることにつながるのです。
善玉菌が多く、悪玉菌が必要量生存している、という状態の腸を作り出すことが健康生活に結びつきます。

MENU