乳酸菌の仕組みについて

お腹の中にはたくさんの腸内細菌という菌が存在しています。
腸内細菌の中には人の健康に有用な働きをもたらす善玉菌、人体に害を与えることの多い悪玉菌、そして普段は何もすることのない日和見菌が在住菌として存在しているのです。
このうち、善玉菌とされる人の体にいい効果をもたらしてくれる菌の中に、乳酸菌が存在しています。

乳酸菌の代表的な菌類としては、乳酸桿菌、ビフィズス菌などです。
これらの乳酸菌類は、腸内フローラという状態になって腸内で働きます。
このフローラという状態は、腸内細菌が腸壁に花畑のように群生している状態です。
この集合体のようなものを腸内フローラと呼んでいます。
この腸内フローラは善玉菌類だけが作るのではなく、悪玉菌類も日和見菌類もフローラを形成しています。
腸が健康といえる方の腸内では、善玉菌類の腸内フローラが常に優位な状態にあり、悪玉菌類や日和見菌類の腸内フローラは劣勢という状態です。

日和見菌は善玉菌が優勢であれば悪さをしません。
でも腸内で悪玉菌が優勢となると悪玉菌と同じような働きをしてしまう菌です。
腸内の状態をみて優位な菌類に沿って働くのが日和見菌なのです。
という事は、悪玉菌が優位に立っている状態の腸内では、日和見菌も悪玉菌同様の働きをしてしまうという事になります。

悪玉菌と善玉菌が腸内で戦っている状態ですから、ここに乳酸菌サプリ等を継続的に摂取し、腸内に新しい乳酸菌がどんどん送り込まれ、常に善玉菌が優位な状態を作り出すことが必須なのです。
残念ながら外から取り入れた乳酸菌は、その場にずっととどまっていることができません。
継続的に摂取してこそ、腸内で増殖し、いい状態を作り出します。

善玉菌が優位になっていると、悪玉菌が作る腐敗物質などを抑制、分解してくれるビタミンB群を作り出し、共に戦う仲間を増やしてくれるというメリットもあります。
乳酸菌のしくみを理解し、腸内に継続的に良い菌類を送り込むことが、腸内環境をより良い状態に保つことに繋がるのです。


MENU