ヨーグルトの種類で乳酸菌を多く摂れるものとは?*

ヨーグルトはたくさんの種類があります。
通常、現在販売されている多くのヨーグルトに乳酸菌が含まれていますが、中には菌数が少ない場合もあるので、目的に合わせた商品選び、またどのくらいの含有量があるのか理解して購入する事が必要となります。

一口にヨーグルトといっても、カップに入ったヨーグルトもあれば、ドリンクタイプのヨーグルトもありますし、冷凍しアイスになったフローズンヨーグルトもあります。
こうした様々なヨーグルトなどの食品類から、私たちは乳酸菌を体内に摂取してきました。
お腹にいいという事ばかりではなく、免疫効果があるとかアレルギー対策になるなど、色々な効果が知られていますが、日本で販売されているものだけでも、100種類以上が存在しているでしょう。

ヨーグルトは通常の食品類として売られているものと、特定保健食品「トクホ」として販売されているものがあります。
トクホというのは、保健機能食品の中で、特定の保健の用途に資すると認められた商品です。
例えば血圧をコントロールできるとか、お腹の健康に役立つなど、健康のためになる働きを持っていると認められたものです。
こうしたトクホのヨーグルトはとても多くなっています。

乳酸菌として有名なビフィズス菌の場合、トクホである商品とトクホでない商品があります。
また生きたまま腸の中に届くプロバイオティクス乳酸菌についても、トクホとトクホではないものがあります。
数多くの商品からこれから継続的に食べるヨーグルトを選ぶのなら、トクホの方が腸内環境を良くするために効果が期待出来るかもしれません。
ただ、人によって、合う合わないという事がありますので、合わない場合、無理にトクホを利用しなくても、毎日継続的、飽きずに利用できる商品を選ぶ方がいいでしょう。

色々な種類のヨーグルトが販売されていますが、自分に合ったものを選択するためにまず目的が何かをはっきりさせ、その効果が期待出来る乳酸菌配合の商品を探していきます。
菌類によってその効果にも違いがありますので、購入の前に効果を調べておくといいでしょう。

MENU