腸内環境を整える日本食という存在

現代の日本は脂質と塩分の強い食事が主になっています。
戦後、家庭の食事は和食から欧米食へ変換し、肉類を多く摂取し野菜が少ないなど、バランスの悪い食事を当たり前のように毎日摂取するようになっています。
食卓に和食が登場する機会が少なくなっているという状態です。
でも近年世界からスローフードである和食が見直され、海外でも和食ブームが起こっています。

和食は腸内環境を整えてくれる食品をふんだんに利用しています。
注目したいのは塩分にも強く微生物と共存できるという特徴を持った植物性乳酸菌が含まれた食品が非常に多いという事です。
味噌、醤油などの昔から日本で利用されてきた調味料にも豊富な乳酸菌が含まれています。
また日本が世界に誇るお漬物にも人の体に有用な乳酸菌がたっぷり含まれています。

ぬかを利用して作るぬか漬けには豊富な乳酸菌のほかに酵母菌、また発酵に欠かせない有用菌が豊富に含まれています。
市販されているものの中には時間をかけて漬けるのではなく、化学調味料などを利用して味を付けてしまうというものもありますが、古くから作られてきた時間をかけて作るぬか漬けには栄養素も豊富に含まれているのです。

また近年発見された乳酸菌の中に、すぐき漬けに豊富なラブレ菌があります。
人の体はとてもよくできていて、病気にならないように、ウイルスや細菌感染しないように防御する働きを持っています。
万が一ウイルスや細菌類が体内に侵入した場合にも、免疫細胞という外敵から防御する細胞が働き、細菌類を排除し症状を弱くするという事が出来るのです。
この免疫力を向上させてくれる働きを持っているのも、和食の知恵から生まれたすぐき漬けに豊富なラブレ菌なのです。

又和食では、根菜類やイモ類、豆類などの食物繊維を多く摂取します。
煮物や温野菜などにしていただくことが多いのですが、これらの食品に含まれる食物繊維は、乳酸菌のエサになります。
また和食に良く利用されるごぼう、玉ねぎ、ジャガイモなどにはある一定の乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も豊富なのです。
乳酸菌を体内に摂取できる食品が利用されていること、プラス、この菌類が増殖していくために必要な養分、エサを、共に摂取できるという素晴らしい食事が、和食なのです。


MENU