乳酸菌を多く摂りすぎた場合何か影響があるの?

腸内に善玉菌を増加させることができる乳酸菌は、様々な食品、またサプリメントなどから気軽に利用できます。
小さいお子さんからご高齢者まで、幅広い年代に効果を発揮してくれる有用な成分です。
最近はインフルエンザ予防になる、ということが知られ、インフルエンザが流行する季節になるとヨーグルトなど関連商品の売り上げがアップしているようです。

腸内に善玉菌が多い状態、これが腸内環境のいい状態となります。
悪玉菌が多いと腸内に常在している日和見菌まで悪玉菌と同じような働きをするようになってしまうため、常に善玉菌が優位に立てるように、乳酸菌を継続的に摂取する事が望まれます。
このように人の健康に効果があると実証されている乳酸菌ですが、過剰摂取となった場合はどうなのでしょう。

例えばヨーグルトが大好きで毎日たくさんの量を食べていれば、お腹が緩くなることもあります。
またもともと、乳製品自体にアレルギーを持っているという場合、アレルギー症状を起こしてしまう事も考えられます。
またカロリーという点についても注意が必要です。
植物性の場合ローカロリーですが、動物性の場合、動物性脂肪が多いので過剰摂取となるとカロリーオーバーになってしまう可能性があるため、適量を食べるという事を念頭に置いておく必要があります。

乳酸菌の過剰摂取で下痢が継続するという方に話を聞くと、便の色が黄色になっているという方が多いようです。
これは善玉菌が多い証拠でもあります。
赤ちゃんは腸内細菌の多くが善玉菌です。
大人と同じような食べ物を食べるようになっていくと、次第に悪玉菌が多くなっていきます。
赤ちゃんの腸内に善玉菌が多いという証拠こそ、黄色く酸っぱい匂いのする便です。
これと同じような状態となっている場合、腸内の善玉菌の量が大人なのに異常に多いという事になります。

余りにも乳酸菌を過剰摂取すると、腸内には乳酸、酢酸が増加します。
一定量、適量は必要ですが、過剰な状態となると腸の蠕動運動がより活発になり過ぎて、下痢になってしまうという事があるのです。
すでに腸内には善玉菌がたくさんある状態ですから、この場合、乳酸菌の摂取量を少なくする必要があるでしょう。
みなさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。

MENU