乳酸菌と食物繊維の関係

現代は生活習慣病にメタボリックシンドロームなど、食生活に起因した体の不調を持っている方が非常に多くなっています。
また慢性的な便秘となっている方も多く、やはり食事の見直しや生活習慣の見直しが必要と考えられています。
食物繊維は特に便秘の方にとって、必要不可欠な成分となりますが、実は乳酸菌の増殖についても深いかかわりを持っています。

食物繊維は容量のある便を作り出すため、出しやすくなるという事が言われていますが、この食物繊維をエサとするのが乳酸菌です。
乳酸菌のエサはオリゴ糖が良く知られていますが、種類によって食物繊維や炭水化物をエサとするものなどがいます。
そのため、オリゴ糖を共に摂取する事も大切ですが、食物繊維を摂取する事も大切な事となるのです。

食物繊維と一緒に水分をしっかり摂取し、便秘にならないようにしておくことも大切です。
ある程度の脂質は必要ですが、行き過ぎた脂質の摂取、つまり肉類の摂取などを継続していると便秘になりやすくなります。
また過剰な脂質やたんぱく質の摂取は、腸内の悪玉菌類が増殖する要因ともなってしまいます。
悪玉菌はとても強く増殖しやすい菌類であり、また悪玉菌が腸内で優位な状態となれば、普段何もせず静観している日和見菌まで、悪玉菌同様の悪い働きをするようになってしまいます。
悪玉菌と日和見菌がタッグを組んで腸内を荒らしてしまうのです。

より良い腸内環境を保つためには、野菜や果物、イモ類や豆類、海藻類などの食物繊維が豊富な食品をバランスよく摂取し、特に野菜類などを積極的に摂取するようにしていくと、生活習慣病予防にもつながります。
健康の為にも美容の為にも食物繊維はとても有用な働きをしてくれるのです。

食物繊維が豊富な野菜類や果物、イモ類などにはビタミン群も豊富です。
実は乳酸菌をたくさん含むヨーグルトに唯一かけているビタミンがビタミンCです。
ビタミンCが豊富な食品を質の高い乳酸菌配合のヨーグルトやサプリメントと摂取することで腸内環境も良くなっていきます。

MENU