植物性乳酸菌の種類を分析

乳酸菌には種類があり、動物性と植物性があります。
動物性は他の微生物との共存ができない、塩分に弱いなどの特性があり、扱いにくいという点が挙げられますが、植物性の場合、他の微生物の中でもともに共存でき、塩分にも強く、実は酸やアルカリにも強いという特性があるため、過酷な環境下でもある程度の期間は生存できる強い菌だという事がわかっています。
日本で古くから作られてきた発酵食品の中には、植物性のものが多く、乳酸菌という菌の名前すら知らない時代から、乳酸菌をうまく利用してきたといえます。

漬け物やみそ、しょうゆなどの発酵食品類に豊富な植物性ですが、どのような種類があり、どのような特性を持っているか、理解しておきましょう。
まず、世界的に漬け物などに利用されてきたラクトバチルス・プランタルムは植物性の代表選手です。
日本のぬか漬け、韓国のキムチ、ヨーロッパのサワーブレッドなどの一般的な漬け物に利用されてきました。
程よい酸味があり、発酵によっておいしくなった漬け物は日本でも食卓の定番です。

テトラジェノコッカス・ハロフィルスはお味噌に豊富な菌類です。
この菌は、強い耐塩性を持っていて、動物性のように塩分の中で死滅してしまうという事もありません。
またこの菌は独特の風味を生み出すため、味噌の発酵には欠かせないといわれています。
耐塩性、耐酸性が強いというと、ベディオコッカス・ペントサセウスもそうです。
この菌を利用してお漬物を作ると青臭さのないおいしい漬け物を作ってくれます。

ラクトバチルス・ブレビス菌、いわゆるラブレ菌は京都の漬け物「すぐき漬け」で発見された乳酸菌も植物性です。
この菌は京都に暮らす男性が長寿であるのはなぜか?ということから研究が始まり発見された菌です。
京都はお漬物の宝庫です。
健康にもよい効果を発揮してくれていると思いますが、京都の女性はみなさん美肌、京美人と呼ばれる方が多いです。
美しい肌を持つ京美人、これも乳酸菌の力が発揮されている証拠なのかもしれません。

MENU