乳酸菌と一緒によく聞くオリゴ糖って何?

乳酸菌サプリメント、最近本当に多くなっています。
配合成分を見ると乳酸菌のほかに、オリゴ糖が含まれていることが多いです。
なぜ、乳酸菌サプリやそのほかの健康食品類にオリゴ糖が共に配合されているのかというと、乳酸菌にとって大切なエサとなるからなんです。

ビフィズス菌などを代表とする乳酸菌は、生きたまま腸内に届くことが望ましいとされています。
最近の研究で死んでしまったものも腸内で有用な働きをするという事がわかってきていますが、生きたまま腸内に届くことで増殖し、より高い力を発揮してくれるのです。
ただ腸内で善玉菌としてフローラを作り良い働きをするためには、ある程度の期間生きていることが必要となります。
そこでオリゴ糖の出番です。

乳酸菌類は、オリゴ糖、食物繊維、また死滅したものをエサとして増殖していきます。
これらのエサの摂取が少なければ、増殖して善玉菌の集合体を作り、腸内で善玉菌が優位な状態を継続する事が出来なくなってしまいます。
悪玉菌類は腸内に取り込まれた食べ物や分泌物などを色々なものを摂取し図太く生き抜いていきます。
この強力な悪玉菌類に打ち勝つため、常に腸内を善玉菌類が優位な状態にしておくためにも、エサとなるオリゴ糖や食物繊維などをたくさん摂取しておくことが必要となるのです。

悪玉菌が多くなればその分免疫力も低下し、病気にかかりやすくなったり、外部からの外敵をやっつける力も弱くなります。
下痢や便秘の要因ともなりますので、オリゴ糖を共に摂取するという事はとても重要な事なのです。

今まではただ乳酸菌類を腸内に摂取すればいいという考え方でした。
でも現在では、生きたまま腸に到達できる菌をそのエサと共に摂取し、腸内でより多く増殖してくれるという事が腸内環境をいい状態に保つために重要な事だと考えられています。
サプリメントの中にはオリゴ糖を共に配合しているものが多くなっていますので、こうした相乗効果のあるサプリの利用を考えてみてください。

MENU