胃酸に強い植物性乳酸菌とは?

乳酸菌は様々な健康効果があり、サプリメントや健康食品などに利用されています。
近年はその働きが幅広い物であることが判明し、より一層、積極的に乳酸菌を摂取していこうとする人たちが多くなっています。
中でも、通常胃酸などに弱いとされてきたのに、胃酸や胆汁酸などの消化液にも負けず、腸まで生きたまま到達する菌類が話題になっています。

通常乳酸菌は食品類同様、口から摂取し胃に到着すると胃酸で溶かされ栄養が吸収できるようになって腸に運ばれます。
死滅した乳酸菌http://www.freshfoodcorridor.org/ikita.htmlも生きている菌類のエサになるなど有用な効果を持っていますが、腸内に善玉菌を増加させるためにはやはり生菌、つまり生きている菌がたくさん腸内に到達する事が望まれます。

動物性の場合、単体で生きていくという特徴があります。
その他の微生物と共に生きていくことはできないのです。
でも植物性の場合、その他の微生物と長く共存しながら生き抜く力を供えているので、他の微生物の中でも生きていけます。
乳酸菌以外の菌類、微生物がいながら厳しい環境下の元で生き抜いてきた強い植物性乳酸菌に、胃酸や胆汁酸などの消化液に強いタイプが存在しているのです。

単体で生きることしかできない動物性にも有用な効果がありますが、腸内環境を改善するという事に関しては、生きたまま腸内に到着し善玉菌を増やすことが必要となるため、厳しい環境下でも生きていける植物性の方がより高い効果を発揮するといわれています。
動物性が必要ないという事はありません。
たとえ消化液で死滅したとしても、腸内で生きている生菌類がその死滅した菌類をエサとして増殖するのですから、これもまた必要な成分となるわけです。

植物性乳酸菌は、微生物と共に共存し、塩分などにさらされるという過酷な環境下でも生き抜いてきたという仕組みがあるからこそ、胃酸などの消化液にも溶かされることなく腸まで到達できるのです。
死滅してもエサとなる動物性と共にバランスよく摂取し、腸内環境を改善、免疫力を向上させる等の有用な効果を自分の体でも実感できるようにしていきましょう。

MENU