口臭がやばいと思ったら乳酸菌サプリ

会社の上司の口が臭い、親の口臭がきつい、また最近では若い人の中にも口臭に悩む人が多くなっています。
この口臭の大元が歯周病といわれています。
勿論口臭と感じていても口臭ではなく、胃が悪くて内臓から臭いが発生しているという事もありますが、多くは歯周病による口臭といわれています。
こうした口臭を予防、改善する事が出来る乳酸菌が注目されています。
口臭予防、改善の乳酸菌は、サプリメントとして販売されており、幅広い年代に人気があります。

歯周病というとかなりきつい独特の臭いがあります。
歯周病などの菌類に対抗する強い殺菌力や抑制力を持っているのが乳酸菌なんです。
乳酸菌も数多くの種類がありますが、その中でもLS1が注目です。
乳酸桿菌という種類で、ラクトバチルスという乳酸菌です。
このラクトバチルスという言葉は「唾液」という意味を持っています。

このLS1は発酵食品類に豊富で、よく知られているビフィズス菌類http://www.noonvalero.com/bihuxizusu.htmlとはまた違う菌類です。
口腔内に存在する菌類のバランス調整をしてくれる有能な菌類なのです。
口腔内にもさまざまな菌類がいて、この菌類のバランスが乱れ歯周病菌や虫歯菌などが増殖していくと口臭を発生させてしまうのです。

LS1の場合、口腔内で菌類のバランスをうまく調整したのち、そのまま増殖することなく自然消滅します。
効果を発揮して自ら姿を消してくれる非常に有能な乳酸菌なんです。
とても効率のいい働きをしてくれる乳酸菌と言えます。
極端に言えば、ビフィズス菌などの場合、腸内環境を整えるなどが主な働きですが、LS1の場合は口腔内の環境を整えるのが主な働きという事です。

勿論、L21に頼るばかりではなく正しい歯磨きを行い、歯科医で診察を受け、歯周病の治療を継続的に行うということが大切です。
口腔内に余計な悪い菌類を増殖させる要因を少なくし、それに加えてL21乳酸菌を利用して口腔内の細菌バランスを整えていくことが口臭予防、改善につながります。
L21配合のサプリメントにはフレンテグループのスーパークリッシュのタブレットなどが人気となっています。

MENU