悪玉菌の身体への影響に関して

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいます。
善玉菌は良い影響を与えてくれる菌、悪玉菌は悪い影響を与える菌と認識されている方が多いでしょう。
悪い影響を与えるのだから全く存在しないほうがいいと考えてしまいがちですが、善玉菌は悪玉菌と闘ってこその効果を発揮するものですし、悪玉菌自体にも、ものすごく悪さをする赤痢菌やコレラ菌などが体内に入ってきたとき攻撃してくれるという働きも持っているため、ある意味、必要な菌でもあるのです。
善玉菌が優位な状態、必要量の悪玉菌が存在するというのが良い腸内環境といえます。

日和見菌は普段は何もせず、悪玉菌が優位に立った時、悪玉菌と同じような働きをして悪さをし始めるという菌です。
善玉菌が多い状態では何もしない菌類なので、やはり、腸内に善玉菌が多い状態にしておくことが大切なのです。
では、悪玉菌が腸内に多くなってしまうと、どのような悪影響があるのか、これを理解しておきましょう。

悪玉菌類ですが、ブドウ糖球菌や大腸菌など色々な種類があります。
これらの悪玉菌は、腸内腐敗を進め下痢、便秘などを引き起こす要因となるほか、腸内で有害物質を作り出します。
有害物質とは、インドールやアンモニア、硫化水素などです。
こうした有害物質が多い状態の腸内では、免疫細胞を活性化する事もできませんので、免疫力も低下します。

更に、腸内環境が改善されず長く悪玉菌の巣窟となっていると、発がん性物質を発生させてしまう事もあるのです。
悪玉菌が優位に立たないために必要なのが、腸内にある善玉菌を元気に活性化してくれる乳酸菌の摂取です。
乳酸菌は腸内に入ると善玉菌を増加させ、悪玉菌を抑制していきます。
増殖によって善玉菌の腸内フローラが幅を利かせるようになると、善玉菌が優位な状態になり、腸内は健やかな状態となっていきます。
人の健康を害する可能性の高い有害物質や、発がん物質を産生させる可能性のある悪玉菌を抑制するために、継続的に必要量の乳酸菌を摂取していくことが必要となるのです。

MENU