乳酸菌の一般的な摂り方ってどんな方法がある?

健康にいいという事が古くから知られていた乳酸菌ですが、最近はウイルスや細菌類に強い体にしてくれるという事で、インフルエンザ予防として摂取される方も多くなっていますし、アレルギーを改善してくれるという効果を期待して食生活に取り入れているという方も多くなっています。
乳酸菌は多種多様なものがあり、それぞれに、特徴的な効果を持っていますが、現代に生きる皆さんはどのようにしてこの菌類を摂取されているのでしょうか。

一番多い摂取方法としては、食べる、という摂取方法でしょう。
乳酸菌は、ヨーグルト、味噌、醤油、納豆、キムチなどたくさんの食品に含まれています。
納豆などは生活習慣病予防になるとして海外の方にも人気です。
私たち日本人は古くから醤油、味噌などを利用してきたので、知らず知らずのうちに乳酸菌を体内に摂取してきました。

ただ乳酸菌は、熱に弱い、という特徴があるので味噌などの場合、味噌汁にして加熱してしまうと生きたまま腸内に届くという利用方法はできません。
そのため、生きたまま腸内に届く菌類と併用して摂取する事が望ましいといわれています。
死滅した菌類は、生きて腸内に届いた菌のエサとなりますので、摂取しても意味がない、という事はありません。
生菌と加熱した菌類を両方バランスよく摂取するのが望ましいのです。

最近は乳酸菌サプリメントも非常に多くなっています
これらのサプリメントの場合、調理して摂取するという事がないので、配合されている菌によっては生きたまま腸内に到達します。
朝食の際に味噌汁を飲んだら、プラス生菌配合のサプリメントを利用するという摂取方法もいいでしょう。
また朝朝食をとる時間がないという方は、ヨーグルトだけでも食べる、またヨーグルト飲料だけでも摂取すると健康のためになります。

食事の際に、デザート的に利用される方が多いと思いますが、ヨーグルトやチーズなどが好きではないという場合、サプリメントを利用して継続的に摂取していくことをお奨めします。
サプリメントには生菌と加熱処理した菌類両方が配合されているものもありますので、バランスよく乳酸菌を摂取する事が可能です。

MENU