生きている乳酸菌の仕組み

乳酸菌には生菌と加熱殺菌した菌があります。
私たちが今までヨーグルトなどで食べてきたものの中でも、加熱殺菌したものと生菌のものがあり、生菌は生きている乳酸菌です。
乳酸菌は熱に弱いので加熱殺菌したものは死滅した状態のものですが、死滅した状態のものは生菌のエサとなるので、これもまた摂取しておくべきものです。

乳酸菌は生きているとよく言われます。
でも人が摂取した場合、胃酸や胆汁酸などの消化液が分泌されるため、通常、腸に届く前に死滅してしまいます。
でも中には、胃酸や胆汁酸などの強烈な消化液に強く、生きたまま腸内に届く種類があるのです。
特に注目したいのが植物性乳酸菌http://www.hyundaiit.jp/isannn.htmlです。
動物性の仲間にはヨーグルト、チーズなど牛乳などを原料に作られたものです。
植物性乳酸菌は、私たちが古くから食してきた漬け物やみそなどに含まれています。

動物性の場合とは違い、植物性は厳しい環境下で生き抜く力を持ち、しかも他の微生物に影響されず共に生きていくことができるという強い菌です。
そのため、乳酸菌の中でも植物性の場合、胃酸や胆汁酸などの消化液に負けることなく腸まで到達できるのです。

実際に生きたまま腸まで届いた菌類がある程度の量になれば、腸壁に腸内フローラという集合体を増殖していきます。
善玉菌類が腸内で悪玉菌よりも優位に立てば、腸内環境は良くなり、老廃物や毒性のある物質などが少なくなっていきます。
腸内環境が良くなれば免疫細胞が強くなり、病気に負けない体を作る事も可能となるのです。

死滅した菌類もエサになる・・・といいましたが、死菌「バイオジェニックス」は注目されていて、実は腸の状態にかかわらず善玉菌を増加させる効果があるといわれています。
生きている菌と死滅した菌を両方体内に摂取することで、死滅した菌類が腸壁に付着し善玉菌を増加させ、そこに生菌がたどりつくことでより増殖され、良い働きをするという事が考えられます。
生きている菌、死滅した菌をうまく体内に取り入れることで、乳酸菌が持っている素晴らしい効果を最大限に発揮できるようになるという事です。

MENU