悪玉菌を減らすなら乳酸菌の力を活用

私たちは古くから漬け物、味噌、醤油などによって知らず知らずと健康にいい効果を発揮する乳酸菌を摂取してきました。
こうした食品類の摂取が減少している現代人は、便秘など腸の不調を抱えている方が多くなっています。
乳酸菌の摂取が少なくなると、腸内では悪玉菌が増加し、有害物質を作り出したり発がん物質を作り出したりするのです。
腸の蠕動運動も鈍くさせてしまうので便秘になるほか、便秘を慢性化させる要因ともなっています。

こうした状況を打開するために必要なのが乳酸菌です。
乳酸菌を短期的に摂取するのではなく、継続的に摂取することで腸内に善玉菌を増殖させ、悪玉菌を抑制する働きを増強させることが必要となります。
乳酸菌は悪玉菌を抑制する働きがあるのです。

乳酸菌を摂取することで善玉菌が増加します。
すると善玉菌は腸内でなわばりを増やしていきます。
集合体となってなわばりを増やしていきます。
この集合体が腸内フローラと呼ばれるものです。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などがひしめき合って暮らしています。
腸の中で菌類が暮らしていけるスペースは一部なのでその場所でなわばり争いを日夜繰り広げているのです。

善玉菌は善玉菌として固まってフローラを形成し、悪玉菌は悪玉菌同士フローラを形成しています。
善玉菌の腸内フローラが常に悪玉菌を上回っている状態にしておくことが大切なのです。
こうした状態にあれば、悪玉菌の働きを抑制し、悪い行動に出ないようにしてくれるのです。

善玉菌を増やすためには乳酸菌が必要です。
毎日継続的に乳酸菌を摂取することで腸内の善玉菌が活性化され、なわばりをどんどん広げていきます。
普段善玉菌が優位でいい状態にある方は1日おきなどでも善玉菌が優位な状態でいられると思いますが、便秘を繰り返しているという方は、先ず、善玉菌が増加し悪玉菌よりも多い状態に持っていくため、継続的に毎日、一定量を摂取していくことが望まれます。
悪玉菌を減らし、善玉菌がのびのび働けるような腸内環境を作っていきましょう。

MENU