動物性乳酸菌の種類ってどんなものがある?

乳酸菌は私たちの体に有用な働きをしてくれる菌です。
私たちの腸内にも存在している菌で、体内に存在している菌類は、腸管系乳酸菌となります。
この他に自然界に存在しているものを分類すると、動物性、植物性に分けることができます。
こうした乳酸菌を体内に摂取することで腸内環境を良くする善玉菌を増加させるのです。

このうち、動物性乳酸菌というのはヨーグルトやチーズ、ドリンクなど動物の乳を原料として作られたものでこれらには有用な菌が沢山存在しています。
乳が元となるもののほか、例えば私達日本人が古くから食べてきたひものなどもこれら菌類の活躍で作られているものです。
以前は動物の乳から作られるものだけだったのですが、最近は牛乳からヨーグルトを作る際に、植物性を利用して作るという事もあります。
そのため、「最初にどこにいた乳酸菌なのか」が種類分けの元となっています。

動物性の特性としては、乳糖を分解し生存するという菌です。
そのため乳糖の中の糖がある程度の濃度を保っていないと生きていくことができません。
つまり、栄養素がたっぷり詰まっている状態出なければ生きていくことができない菌という事です。
また塩分が強すぎると死滅してしまうという事も言われています。
乳糖を元に乳酸を作り出すのですが、以前はこの乳酸が疲労蓄積の元としてあまり良くないものといわれてきました。
でも現在は、グリコーゲンというエネルギーへの変換ができるという事が判明し、更に二酸化炭素に変えて消費するという事も、近年わかってきています。
動物性はあまり意味がないとする研究者もいましたが、研究が進むうちに、やはり動物性も健康効果が高いという事がわかってきたのです。

日本の乳酸菌食材は、古くから植物性のものが多く、納豆や漬物など様々な発酵食品が植物性乳酸菌です。
代表的なものがぬか漬けで、たっぷりの乳酸菌と酵母が含まれているため、健康にも美容にもいいと世界的に注目されています。
ヨーグルト、チーズなどを一般的に食べるようになってから、日本人は動物性の食品類も食べるようになってきたのです。

MENU