アレルギー疾患を予防する乳酸菌効果

いつからか色々なアレルギーの名称を聞くようになりました。
スギ花粉、ブタクサの花粉、食べ物のアレルギー、更には動物のアレルギーなど、複数のアレルギーとなっている方も少なくありません。
アレルギーはどうして起きてしまうのかというと、人の免疫システムのバランスが崩れているからです。

人は外部からの有害な物質に対して体外に排出する有能なシステムがあり、このシステムによって体内に侵入してくる様々な外敵から身を守っています。
このシステムこそ、免疫機能です。
でもこの免疫機能のバランスが崩れてしまっている人が、現代、多くなっているのです。
免疫機能のバランスが不安定になると、外部からの外敵とはみなされないものにまで反応し、やっつけようとする働きが強く生じすぎて、かゆみや鼻水、涙やくしゃみなどの反応を起こしてしまうのです。

有害な外敵と闘うための免疫システムの中で、実際に働く細胞は、マクロファージなどの免疫細胞です。
これらの細胞が細菌類やウイルスなど外敵の侵入を食い止め、体外に排除しようと働きます。
この免疫細胞の多くが、実は腸内に存在し、唯一脳からの指令ではなく、そのものが自立して動く腸が免疫機能を操っているのです。

免疫機能の操縦を腸が行っているのですから、腸内の状態が良くなければ、当然のことながら免疫機能のバランスも崩れてしまいます。
つまり、腸を元気に、腸内環境を良くすることが、アレルギー改善のために一番の近道になるという事なのです。
という事は、腸内環境を良くするために行動すればいいという事です。
それが、乳酸菌の摂取なんです。

乳酸菌は腸内で有用な働きをする善玉菌類の仲間です。
乳酸菌を継続的に毎日適量、摂取することで腸内環境を改善し、免疫システムのバランスを正常化する事が出来ます。
スギ花粉の季節になってから乳酸菌を摂取するという事ではなく、毎日継続的に摂取し、常に腸内が善玉菌優位な状態にしておくこと、これがアレルギーに強くなる体を作る秘訣http://www.artsinhealth.net/kahunnsyoukaigenn.htmlになります。

MENU