何故赤ちゃんの体内には乳酸菌が沢山ある?

お母さんのお腹の中ですくすくと成長していく赤ちゃんですが、誕生してからしばらくはお母さんの免疫力をもらっているため、病気にかかりにくいといわれます。
実はここに乳酸菌が深く関係しているのです。

お腹の中は無菌状態に近く、免疫力のない胎児でも健やかに成長していきます。
でも誕生と同時に世の中に存在する菌類と戦いが始まるわけです。
この世に生れ出て最初の呼吸で、すでに空気中のウイルスや細菌類を吸いこんでいくのですから、ここから細菌類とウイルスなどの外敵との戦いがスタートします。
でも、多くの赤ちゃんが風邪もひかずウイルス感染することなく成長していきます。
無菌状態から菌が存在する状態に飛び出してきてどうして無事でいられるのか、それは、お母さんの母乳からたくさんの乳酸菌をもらうからです。

母乳にはたくさんの乳酸菌が含まれていて、母乳育児で育った赤ちゃんの腸内は、実に95%以上だといわれています。
通常、離乳が始まる頃、だいたい生後半年くらいでしょうか、その間は母乳のみを栄養素として成長していきます。
そこから少しずつ食品を離乳食として摂取するようになり、1歳くらいになるとだいたい大人と同じような食べ物を口にするようになります。

悪玉菌は母乳以外の食品を摂取するようになってから少しずつ腸内に存在するようになっていくのです。
逆に言えば離乳前、母乳のみで生活している赤ちゃんは乳酸菌のかたまりといっていいほど、この菌に保護されて生きているという事です。
腸内にはたくさんの乳酸菌が存在していますので、この時期の赤ちゃんに乳酸菌が不足するという事はありません。
赤ちゃんの酸っぱい匂いで黄色い便がこの菌類が多い証拠です。

最近は人工乳の中にもこうした善玉菌を増やすための成分が配合されているものも多くなっていますので、以前より、人工乳で育つ赤ちゃんも腸内の乳酸菌の数が多くなっているといいます。
この世に生まれて徐々に食べ物や飲み物などに慣れていく過程で、乳酸菌の摂取を少しずつ考えていくといいでしょう。

MENU